グッズを作る - ステッカー印刷 - ステッカー(インクジェット印刷)

グッズを作る - ステッカー印刷 - ステッカー(インクジェット印刷)

透明塩ビタック+PP加工

透明塩ビタック+PP加工
屋外使用にバッチリの耐候、耐水性を備えたクリアステッカー

塩化ビニルフィルム(PVC)素材は伸縮性に優れ、曲面などにもきれいに貼ることができます。フィルムなので水に強く、またインクは耐候性なので屋外でも色褪せが少なく、車やサーフボードなどに貼るステッカーとして多く利用されています。需要の高いクリア(透明)タイプです。10部からの小ロット印刷に対応しています。
テンプレートはコチラからダウンロード
透明塩ビタックの情報

価格表&ご注文

下記の選択項目からご希望の条件を選んだ後、価格表を記載されている金額をクリックするとご注文画面にお進みいただけます。
※当日17時以降のご注文、及びデータ入稿に関しましては翌日起算の出荷日となります。

サイズ必須

ご入稿データの数値を入力後、ご希望のサイズを選択してください。

面積の求め方

面積の求め方【幅cm×高さcm=面積cm/2】
面積は横の幅と縦の高さをかけることで求められます。
(例1)円形 5cm×5cm=25cm/2 、四角形 5cm×5cm=25cm/2
サイズは25cm/2(平方cm)以内をお選びください。
(例2)フリーカットの場合、一番外側の長さで求めます。8cm×5cm=40cm/2
サイズは50cm/2(平方cm)以内をお選びください。

用紙必須

透明塩ビ(強粘再剥離/透明糊)

刷色必須

数量 5営業日2023/02/14出荷
10 11,080@1108
20 13,810@690.5
30 15,490@516.33
40 17,170@429.25
50 18,860@377.2
60 20,540@342.33
70 22,220@317.43
80 23,900@298.75
90 25,590@284.33
100 27,270@272.7
110 28,950@263.18
120 30,630@255.25
130 32,320@248.62
140 34,000@242.86
150 35,680@237.87
160 37,360@233.5
170 39,050@229.71
180 40,730@226.28
190 42,410@223.21
200 44,090@220.45
210 45,770@217.95
220 47,460@215.73
230 49,140@213.65
240 50,820@211.75
250 52,500@210
260 54,190@208.42
270 55,870@206.93
280 57,550@205.54
290 59,230@204.24
300 60,920@203.07

価格表以上の枚数をご希望の方はお見積もりフォームからお見積りください。

戻る

商品の特長

白塩ビステッカーの特長をご紹介します。

  • 屋外に強いステッカーを作ります

    耐水性・耐候性に優れた屋外に強いステッカー

    塩ビ、テトロンともにフィルム素材でできているので、水に強く屋外での使用でも破れる様なことはありません。また使用しているインクも耐候性の高いUVインクジェットを使用。色褪せに強く、自動車やスケートボードなど屋外で使用するシチュエーションでも活躍できるステッカーが作れます。


  • 型を使わず安価にフリーカット

    型を使わず安価にフリーカット

    ステッカーの断裁は1枚ずつプロッターを使用して抜いていくので、型を使わず安価にフリーカットのステッカーを作ることができます。
    料金の目安
    ・パスの数で料金を算出。
    8パス迄なら加工料金は不要。9パス以上なら複雑な形状として料金が別途加算されます。

4種のPP加工(グロス・マット)に対応

透明塩ビ_ホログラムPP

インクジェット印刷は標準でPP加工を行います
ステッカー(インクジェット印刷)は標準で表面にPPのコーティング加工を行います。一般的な光沢のあるグロスPPと光沢を抑えたマットPPの2種、そして特殊系ホログラム2種の計4種から選択することが出来ます。
一般的にはツヤのあるグロスPPのステッカーが多用されておりますが、落ち着いた雰囲気を出したい場合や高級感のある仕上がりをイメージされている場合はマットPPなどもおすすめです。
またグレードを上げて注目度抜群のホログラムPPも、作品の質が上がりますので是非挑戦してみてください。

グロスPP

マットPP

ホログラムPP_モザイク

ホログラムPP_ドットネオン

データ作成時の注意事項

白インクデータの作り方

白インクデータの作り方_透明塩ビ
白インクデータの作り方_レイヤー

金、銀、透明塩ビの3種類の素材は下地の色が透けてしまわないように白インクをCMYKインクの下に印刷します。白インクはK(墨)100%のデータ1色でお作りいただき、 illustrator、またはphotoshop上の別レイヤーで配置してください。

透明塩ビタックの透過について

透明塩ビタックの透過について
透明塩ビタックの透過について

透明塩ビタックは素材が透明のため、白版インクを下地に敷かないとカラーセロファンの様に透過した仕上がりとなります。上の画像は白インクの有る無しによって透過の具合がわかるように、あえて背景部分の白インクを除いて制作したサンプルです。
なお白インクはインクの乾きの性質上、全体の面積の50%以下に抑えて制作してください。

白インクデータは0.1mm程度縮小してご入稿ください

0.1mm程度縮小してください
0.1mm程度縮小してください

上の印刷データと同じサイズで作成すると、印刷が少しでもずれた際に白インクが見えてしまうので、若干サイズを縮小して制作します。


縮小方法
・A白インク部分のデータを選択して、カラー白0.2mmの線を追加します。オブジェクトの周りに白線がつくことで、縮小させることが出来ます。
・B「オブジェクト」→「パス」→「パスのオフセット」を開き、数値を「-0.1mm」を入力。-0.1mm縮小されたデータが作られます。

仕上げのカットについて

断裁は3種の方法から選択することができます。

標準の仕上がり

標準の仕上がり
(四角形の台紙で1枚ずつ仕上げます)

四角形での断裁仕上げとなります。円形の場合は一回り大きい四角形の中にハーフカットの切り抜き線が入ります。四角形は面積内に収まるサイズでしたら、ご希望のサイズで断裁を行います。円形は正円の他、楕円形でも大丈夫です。

型抜きの仕上がり

型抜き(ダイカット)
(オリジナルの形で切り抜きます)

台紙ごと型抜きを行います。キャラクターやロゴの形に沿ってなど、オリジナルの形で切り抜きます。詳細についてはダイカット・ハーフカット作成ガイドもご確認ください。

半抜きの仕上がり

半抜き(ハーフカット)
(シートに切り込みを入れて作ります)

四角形の台紙の中に複数の絵柄が切り取れるように切り込みをいれます。詳細についてはダイカット・ハーフカット作成ガイドもご確認ください。

ステッカーカット料金例

カットパス数の調べ方

カットパスの調べ方

カットパスは最大で40パスまでを目安としております。パス数はillustrator上で確認することができます。
1.illustrator上部メニューの「ウィンドウ」から「ドキュメント情報」を選択
2.カットパス数を調べたいオブジェクトを選択した状態で「ドキュメント情報」パレット右上のメニューをクリック
3.メニューから「オブジェクト」を選択
4.オブジェクトに記されているクローズパスのポイント数がカットパス数になります。

ステッカー印刷(インクジェット印刷)の注意事項

  • 面積の求め方【幅cm×高さcm=面積cm/2】
  • カットの形状によっては加工ができない場合がございます。半抜きはシール紙のみ切れ目が入り仕上がりは四角形となります。
  • 白インクをご利用の場合、インクの乾きの性質上、全体の面積の50%以下に抑えて制作してください。
  • ステッカーの断裁はとてもズレやすいため、ずれが目立ちにくいデザインにされることをおすすめいたします。
  • 紙を実際に確認されたい方は印刷見本をお送りいたします。資料請求フォームよりお問い合わせください。

pagetop