ダイカット・ハーフカット作成ガイド | フライヤー印刷 チラシ印刷 ステッカー印刷 印刷会社グラビティ

ダイカット・ハーフカット作成ガイド

型抜き・半抜きデータの作り方

ステッカー印刷は型抜き(ダイカット)や半抜き(ハーフカット)といった、型やプロッターを使用して好きな形に切り抜く事が可能です。その際のデータの制作方法や、制作時の注意点などをご紹介します。ステッカーの型抜き(ダイカット)や半抜き(ハーフカット)を利用される方は、必ずご確認ください。 



型抜き(ダイカット)とは

オフセット印刷

専用の型を制作して、まとめて断裁を行います。500部以上のロットの場合に有効です。型を制作しなければならないので、小ロットの場合にコストが割高になります。また複雑な形になるほど料金があがります。

料金の目安
・単純な形(角丸、台形など)500枚 +7,500円〜(税抜)
・複雑な形(人の形など)500枚 +20,000円〜(税抜)※形状で料金は変動します。

オンデマンド印刷・インクジェット印刷

プロッターを使用して1枚ずつ切り抜いていきます。型を制作しない分ロットが少ない時に有効です。また複雑な形にも比較的柔軟に対応出来ます。

料金の目安
・パスの数で料金を算出。40パス迄なら加工料金は不要。41パス以上の場合に1枚につき+10円〜追加です。※パス数により料金は変動します。
・溶剤インクジェットは別途「台紙ごとカット」の料金+1100円〜が追加になります。

半抜き(ハーフカット)とは

オフセット印刷

専用の型を制作して、まとめてハーフカットを行います。500部以上のロットの場合に有効です。型を制作しなければならないので、小ロットの場合にコストが割高になります。また複雑な形になるほど料金があがります。

料金の目安
・単純な形10個まで(角丸、台形など)500枚 +7,500円〜(税抜)
・複雑な形(人の形など)500枚 +20,000円〜(税抜)※形状で料金は変動します。

オンデマンド印刷・インクジェット印刷

プロッターを使用して1箇所ずつ切り抜いていきます。型を制作しない分ロットが少ない時に有効です。また複雑な形にも比較的柔軟に対応出来ます。

料金の目安
・パスの数とカットの個数で料金を算出。
40パス迄、カット数1なら加工料金は不要。
41パス以上+@10円〜追加 カット数2以上+@10円〜追加

型抜き・半抜きのデータ作成方法

カットする部分はパスでデータを制作してください。そして、型抜きを行うカットパスと実際の印刷データは判別が付きやすい様に、必ずillustrator又はphotoshop上でレイヤーを分けてください。




型抜き・半抜きのデータ注意事項

型のズレと塗りたしについて

半抜き線は±0.5㎜程度ズレが発生する可能性がございます。ズレを考慮の上、作成してください。 半抜きの部分にも必ず塗り足しを作成してください。


半抜きの間隔について

半抜き線同士の間隔はすべて3㎜以上あけてください。 また半抜き線とシート全体の仕上がり線との間隔は5㎜以上あけてください。


カット数の数え方について

半抜き線の本数により、加工料金が異なります。線を交差させずに一筆書き出来るものを一本と数えます。 数字の「8」のように交差する一筆書きの場合は「交差点の数+1」が本数となります。


パス数について

半抜き線のパスのアンカーポイントは極力減らし、なるべく滑らかな曲線で作成してください。パス数が多くなると、その分カットの作業に負担がかかるため、加工料金が割高となってしまいます。

pagetop