データ作成上の注意事項 | フライヤー印刷 チラシ印刷 ステッカー印刷 印刷会社グラビティ

データ作成上の注意事項

データを作成する際のチェック項目

下記は印刷前に必ずチェックする項目です。この項目について一つでも、不備や疑問点が合った場合は印刷には進めず、お客様に確認を取る様にしております。もし不備と断定されたデータに関しては再度データをご入稿頂く場合もございます。お客様のデータ制作作業が二度手間にならない為にもご入稿前に必ずご確認ください。


塗りたし

塗りたしとはトンボのフチの部分まで色を足すことをいいます。色を足す事で紙を断裁するときに、ズレによる紙の地色を防ぐ事ができます。
※断裁は用紙を何百枚も重ねてまとめて行うので、多少のズレが出る場合がございます。その際に塗りたしがあると、ズレがあっても目立たなくなります。塗りたしが無いデータに関しては、恐れ入りますが塗りたしを付けていただきデータを再入稿いただく様にしております。





文字切れ

断裁位置から近い位置に文字があると断裁がずれた時に文字がきれてしまう恐れがあります。なので、切れてはいけない大事な文字等は断裁位置から3㎜内側におさめてください。




画像解像度

データの中で使用している画像の解像度は、全て等倍で350dpi程度が推奨とされております。ホームページの写真は解像度が72dpi程度の画像が多く、印刷で出力した場合に粗く出力されてしまいます。


350dpiの画像に比べ、72dpiの画像は輪郭がガタガタしてしまい粗いデータとなっております。解像度はPhotoshopの上「イメージ」から「高解像度」をお選びいただき数値をご確認ください。
※現在のデータの解像度の数値を上げても、画像の画質は変わりません。また一からデータを制作いただくか、別のデータにご変更ください。



文字にアウトラインをかける

文字にアウトラインがかかっていないと、グラビティでデータを開いたときに同じフォントがなく、他の書体に自動で置き換わってしまうことがあります。文字は必ずすべてアウトラインをかけてください。


アウトライン作成方法

1.文字をすべて選択してください。「選択」→「すべてを選択」

2.文字にアウトラインをかけます。全ての文字が選択された状態で「書式」→「アウトラインを作成」
※CS2以前は「文字」→「アウトラインを作成」です。



トンボ(トリムマーク)

<トンボ(トリムマーク)とは断裁を行う際の目印になるマークです。通常デザインの四隅と各辺のセンターにつけられます。


トンボ(トリムマーク)の作り方
1.印刷サイズのオブジェクトを作ります。※この時、線色は「なし」にしておきます。
2.制作したオブジェクトを選択して、トリムマークを作成。

illustratorのバージョンにより制作方法は異なります。

illustrator 10〜CS3「フィルタ」メニューから「クリエイト」→「トリムマーク」を選択します。
illustrator CS4「効果」メニューから「トリムマーク」を選択します。
illustrator CS5〜「オブジェクト」メニューから「トリムマーク」を選択します。



サイズ

ご注文いただいたサイズと実際の印刷のサイズに誤りがないかご確認ください。
illustrator上では「ウィンドウ」→「情報」「変形」で調べることが可能です。
photoshop上では「イメージ」→「画像解像度」「カンバスサイズ」で調べることが可能です。


※弊社のテンプレートもご利用ください。


カラーモードの設定方法(RGBとCMYK)

印刷用のデータは全てCMYKモードで印刷を行います。※ビビットカラーでご依頼の方はRGBモードで対応いたします。
RGBからCMYKにカラーモードを置き換えるとき、明るい発色の部分(黄緑、水色、ピンク等)は通常のインクでは出せない色なので、比較するとCMYkモードのデザインはくすんだ様に見えます。


illustratorのカラーモードの変更の仕方
[ファイル]→[ドキュメントのカラーモード]→[CMYKカラー]

photoshopのカラーモードの変更の仕方
[イメージ]→[モード]→[CMYKカラー]

RGBモードで入稿されたデータはこちらですべてCMYKに変換させていただきます。その際に画像がくすむことがございますが、これはRGBモードとCMYKモードでは色の再現できる領域が異なる為であり防ぐことができません。予めご了承ください。



色の濃度について

CMYKの濃度の合計が300%を超えてしまうと、インクを乾きが悪くなるため対応することができません。濃度の合計は300%以内に収めてください。



加工の指示

2つ折りやミシンの加工を行う際は加工の指示をデータの外に記載してください。

※弊社のテンプレートもご利用ください。


文字の大きさや線の太さ

文字の大きさは6pt以上、線幅は0.5㎜以上が推奨です。ですが印刷する用紙によっては6pt以上、線幅0.5㎜以上でもかすれる場合がありますので、小さい文字や細い線を使用する場合はご相談ください。


文字の推奨サイズ:6pt以上  線の推奨幅:0.5㎜以上



特色・スポットカラー

DICカラーなどの特色やスポットカラーはCMYKの印刷では表現されません。気づかないうちに使われている事がありますので、スウォッチパレットに特色やスポットカラーのパレットがある場合はご注意ください。



オーバープリントについて

オーバープリントとは色を重ねて印刷をすることです。気づかないうちにオーバープリントの設定が入ってしまい、意図しないで色が重なってしまう事があります。入稿する前に必ずオーバープリントの設定が入っていないか確認をお願いします。




表面と裏面の位置関係

フライヤーやチケット、またはポイントカードなど加工がはいるものは表と裏の表裏関係にご注意下さい。


ミシン目の加工は表裏で反転しますので、表面は右側が半券としてちぎれる場合は、裏面は反転して左側が半券部分となります。


縦型のポイントカードの場合、真ん中にスジ押しをいれて折られるデザインになるので、表紙と裏表紙は向かい合わせのデザインなります。データを作る際はご注意ください。




ナンバリング加工の注意事項

  • ●ナンバリングは、機械の特性上、多少文字の位置ズレやかすれ、給紙の際の印刷面のこすれ、用紙際のインクのにじみ等、避けられない場合がございますので事前にご了承ください。
  • ●ナンバリングの料金は1枚につき1ヶ所(8文字まで)の料金です。2ヶ所の場合2倍の料金がかかりますのでご注意ください。
  • ●1000枚までで1日、10000枚以上で2~3日納期が延びます。(土・日・祝は加工所がお休みのため日数に含みません)
  • ●ナンバリングを打つ部分は白抜きでお願い致します。白抜きが無い場合は、色落ちする事があります。ご了承下さい。
  • ●通し番号以外もナンバリング可能です。エクセルデータ等でご指示ください。
  • ●ナンバリングのフォントおよび大きさは弊社にて設定させていただきます。

pagetop