グッズを作る - ステッカーアイテム - キャップステッカー印刷

グッズを作る - ステッカーアイテム - キャップステッカー印刷

キャップステッカー印刷

NEWERA(ニューエラ)などのブランドでお馴染みのキャップステッカーをオリジナルで作ってみませんか?帽子のつばにキラリと光るあのステッカーです。
素材は金テトロンと銀テトロンの艶あり、艶消しの計4種類。自分だけのカスタマイズしたキャップステッカーを印刷して、ブランディングやノベルティなどにお役立てください。 テトロン系の素材を使用しているので耐水性があり屋外に強いステッカーです。

価格表&ご注文

下記の選択項目からご希望の条件を選んだ後、価格表を記載されている金額をクリックするとご注文画面にお進みいただけます。
※当日17時以降のご注文、及びデータ入稿に関しましては翌日起算の出荷日となります。

サイズ必須

ご注文される部数により印刷方法が異なります。300部まではインクジェット印刷。400部以上は活版印刷となります。

用紙必須

刷色必須

表面モノクロ 1c/0c

数量 8営業日2020/07/17出荷
400 26,400@66
500 28,600@57.2
600 30,360@50.6
700 32,340@46.2
800 33,440@41.8
900 35,640@39.6
1000 38,500@38.5

価格表以上の枚数をご希望の方はお見積もりフォームからお見積りください。

戻る

使える用紙について

使用できる素材は4種類

使用できる素材はキャップステッカーでは定番の金銀テトロン素材です。400部以降のご注文は活版印刷での仕上がりとなります。
素材は艶あり、艶なしの計4タイプより選択可能です。イメージに合わせた素材をお選びください。

  • 金テトロン(ツヤ有り)

    金テトロン(ツヤ有り)

    キャップステッカーで一番使用されている素材です。金の光沢が存在感を放つ注目度抜群のステッカーが作れます。

  • 銀テトロン(ツヤ有り)

    銀テトロン(ツヤ有り)

    銀の光沢がクールな印象を与える銀ツヤテトロンです。主張しすぎず、洗練されたイメージにしっくりと来るステッカーに仕上がりでデザイナーに人気の素材です。

  • 金テトロン(ツヤ無し)

    金テトロン(ツヤ無し)

    ツヤ無しテトロンはその名の通り、艶を抑えたマットな仕上がりのステッカーが作れます。マット調の落ち着いた雰囲気が高級感を醸し出し、シックな大人っぽいステッカーが作れます。

  • 銀テトロン(ツヤ無し)

    銀テトロン(ツヤ無し)

    4種の素材の中では一番使用頻度の少ない銀のツヤ無しの素材ですが、逆にあまり見かけない分、注目を浴びる素材でもあります。人とは少し変わった素材を使用したい方におすすめです。

商品の特長

キャップステッカー印刷の商品の特長をご紹介します。

キャップステッカー印刷方法

キャップステッカー比較

キャップステッカーは印刷する数量により印刷方式が異なります。300部まではインクジェット印刷。400部以上は活版印刷となります。印刷方式が異なるため、若干の使用の違いがございます。
インクジェット印刷は印刷面がこすれるとインクが剥げてくるので、それを防ぐため表面にPP加工を行います。また同じテトロン系の素材を使用していますが、インクジェット印刷のほうが布地との接着が弱く、帽子に貼る際は剥がれ抑え用のシールを先に貼ることをお勧めいたします。
400部以上は活版印刷で行います。活版印刷は版を用いて印刷を行いますが、インクジェットに比べ若干版のブレにより、文字のにじみなどが出てくる場合がございます。左図をご参照ください。※実際のNEWERA(ニューエラ)のステッカーも活版印刷での仕上げとなります。

キャップステッカー印刷のサイズ

キャップステッカーサイズ

サイズは直径50mmの円形です。仕上がりは図のような5連でのシート仕上がりとなります。シートの台紙がついてきますので、実際にご利用される場合はシートよりステッカーを剥がしてご使用ください。
1枚ずつ台紙を四角に断裁して納品することも可能です。その際は数量により別途料金がかかりますので、弊社までご連絡ください。

データ作成時の注意事項

キャップステッカー印刷の注意事項

  • 印刷方法は300部までインクジェット、400部以降は活版を使用した印刷となります。当初400部ご注文いただいた後、追加で50部増刷などの場合、印刷方式が異なりますので仕上がりに若干の違いがございますことを、予めご了承ください。
  • 紙を実際に確認されたい方は印刷見本をお送りいたします。資料請求フォームよりお問い合わせください。

キラリと光る自分だけのブランドステッカーを作ってみよう

pagetop